埼玉県生活協同組合連合会

埼玉県生協連ピースフォーラム報告
「核兵器をなくすために必要なこと」を学び、考えました

 3月3日(木)10時30分より、埼玉県生協連ピースフォーラム~核兵器をなくすために必要なこと~を、川崎哲さん(ICAN核兵器廃絶国際キャンペーン会長兼国際運営委員)を講師に迎えて、埼玉会館3C会議室とZoomによるオンラインで開催し、78人が参加しました。

 はじめに、吉川会長理事が主催者あいさつの中で、同日付でロシアの武力侵攻に抗議する会長声明をロシア大使館に送付したこと、人道支援としてウクライナに対する日本ユニセフ協会が行う緊急募金に組織募金することを表明しました。

 つぎに、川崎さんの講演では、ロシアのウクライナへの武力侵攻について、世界が歩んできた核軍縮の歴史について、核兵器禁止条約について、そして私たちができること、しなければいけないことについて、お話しいただきました。

 また、後半では、埼玉県原爆被害者協議会(しらさぎ会)の「これまでの活動とこれから考えていきたいこと」について、会長の原明憲さんから報告いただきました。

参加者の声

活動のご紹介