埼玉県補助事業 第58回埼玉県消費者大会プレ学習会を開催しました

5 月 23 日(月)、埼玉会館会議室および Zoom によるオンラインで、「よく見て選ぼう食品表 示 ~関連制度の最新動向~」と題して、(一社)Food Communication Compass 代表 森田 満樹さんを講師に、学習会を開催し、16 団体 72 人(会場:27 人、Zoom:45 人)が参加しま した。

会場およびオンラインで開催しました

 今年の第 58 回埼玉県消費者大会は、県内 20 の消 費者団体が 3 月から実行委員会を開催し、10 月 25 日の大会開催に向けて、社会状況や消費者課題につ いて学びながら、話し合いをすすめています。

講師の森田満樹さんから、食品表示の法律、食品表示の項目、原料原産地表示、遺伝子組換え食品表示、食品添加物表示制度、健康食品と機能性表示食品、食品表示のこれからについて、食品表示の基本的なことから、実例を示しながら詳しく説明いただきました。
 講演後の質疑応答では、会場からもオンラインでも質問が寄 せられ、それぞれていねいにお答えいただきました。参加者か らは、原料記載の「、」と「又は」の違い、「人工」や「化学」の表示が使われなくなったこ と、ケチャップの着色料やマヨネーズの乳化剤など使ってはいけないものがあること、など お話を聞くまで気にも留めていなかったことに気づき、気にしているつもりでわかっていな いことがたくさんあることに気づいたなどの声が寄せられました。

ページトップへ